トップ

ニキビをサプリで改善

ニキビの原因は意外なところに

ニキビ肌の大きな原因は栄養不足

気づいたら顔に大きなニキビができてなかなか治らない、治ったと思ったらすぐにできてしまうことってありませんか?ニキビができる原因は体質や環境によってもさまざまですが、最も大きな原因となるのが、栄養不足といわれています。その多くは、生活習慣や食生活の乱れ・ストレスによるビタミン不足があげられます。

肌の健康状態を整え維持するために必要とされるビタミン類は、私たちにとって欠かせない栄養素なのです。ビタミン類は、肌に水分と油分を与えて血行を促進し、良い肌状態をつくってくれます。いつも似たような場所にニキビができたり、肌の調子がすぐれないことを年齢のせいと思われているかたも、栄養の不足や偏りを見直すことがおすすめです。

ニキビ肌や肌荒れに悩む女性は年代を問わずとても多いようですが、女性特有の悩みのひとつでもある「冷え」も肌トラブルの原因となっています。体の冷えは、血行不良へとつながります。そして、血行が滞ることで老廃物の代謝がスムーズに行われなくなり、体内に蓄積してニキビ肌になるという指摘もあります。

ほかには、妊娠中や産後などはホルモンバランスが大きく乱れることもあるため、肌状態が非常に悪くなってしまうケースも目立ちます。生理前や妊娠中にニキビができやすくなるのも、ホルモンバランスが崩れることが原因とされています。

ニキビ肌を治すためには、治す努力をしなければなりません。今回は美容にも妊活にも効果があり、女性にとってたくさんのメリットがある葉酸という栄養素についてご紹介します。ニキビ肌を治すためにできることをはじめていきましょう。